ボディカルを顔に使用する際の注意点

くびれを作ったり足痩せ目的で使われているボディカルですが、実は顔に使うと小顔効果がある・・・ということを知っていますか?

 

女性にとって小顔は1つのあこがれです。

 

しかし、セルフマッサージでは難しかったり、小顔矯正アイテムを使ってもなかなか効果が実感できずにモヤモヤしている人もいると思います。

 

そんな時「ボディカルが使えたらどうでしょうか?

 

ここでは、顔に使う際のポイントや注意点がありますので、もし顔にも使ってみたいと考えているのであれば、まずはこちらをチェックしてください。

ボディカルは本来顔に使ってはいけない

先に断っておきますが、ボディカルはそもそも顔に使うように設計されておらず、メーカーかからは「顔に使わないように!」という注意事項があります。

 

ボディカル 顔

 

つまり、本来ボディカルは顔に使うべきEMSではない・・・ということ。

 

そもそも『顔を小顔にする』ことと『体の一部分の脂肪を取る』こととでは、仕組みやアプローチの仕方が根底から違います。

 

顔を小さくする場合、リンパマッサージなどを行ったり顔のお肉をひきしめる体操(小顔体操など)をするのがいい!と言われていますが

 

「顔の脂肪を取りましょう」

 

とはあまり紹介されていません。

 

もちろん顔にも脂肪はあります・・・が、首から下の部分に比べても顔につく脂肪は決して多くないうえに顔が大きくなる理由のほとんどは「むくみ」や「たるみ」の定着のため、二の腕やお腹周りとは少し事情が違ったりもします。

 

もっと言えば、顔の皮膚は体全体の中でも比較的薄いほうなので、ボディカルを使って肌を傷つける可能性が高くなります。

 

ですので、個人的にはボディカルを顔に使うのはあまりお勧めしません。

 

小顔にしたいのであれば顔に使える専用の道具やマッサージ法を実践したほうが効果という面では可能性が高いと思います。

顔にボディカルを使う際の使い方

先述しましたが、ボディカルは元々二の腕やお腹周りや足など首より下に使うダイエット器具です。

 

そのため、顔に使っても大丈夫なように開発されていないので、ボディカルを顔に使う方法はあくまでも「裏技」という認識でいるといいでしょう。

 

口コミなどを見るとボディカルを顔に使っている人は意外といます。

 

ボディカルを顔に使っている人は、ボディカルを頬や鰓部分に当ててコロコロしており、ボディカルのローラーで顔のたるみを解消してフェイスラインを引き締めようとしています。

 

顔のフェイスラインを引き締めるために開発された小顔ローラーってありますよね?

 

ボディカルを顔に使っている人は小顔ローラーの代わりにボディカルを使っているようです。

 

小顔ローラーに比べてボディカルのローラーのほうがデコボコしているので、多少痛みはあるかと思いますが「それが気持ちいい」という人もいるみたいなので、自分の顔の大きさが気になる人は試しにやってみてもいいかもしれません。

 

ボディカルを顔に使う際の注意点

 

小顔ローラー代わりにボディカルを使う人がいるので、顔のたるみやむくみが気になるのであればボディカルでほぐしてあげてもいいでしょう。

 

ただし、ボディカルを顔に使う際には絶対に電源を入れないこと!

 

体験ブログを書かれている人の中には、電源を入れて顔に使われた方も何人かいるようですが、みなさん口をそろえて「痛い!」「不快!」「無理!」と言っています。

 

よほど痛いのが好きな方はやってみても構いませんが、電源を入れた状態で顔に使うと激痛が走りますので、電源を入れず、ボディカルをコロコロ転がしてみてください。

 

あごの先から耳の下のフェイスラインに沿って2分くらい走らせるだけで、顔回りがスッキリすると思いますので。

 

とはいえ、何度も言いますが顔に使うのは本来のボディカルの使い方から大きく外れています。

 

その点だけを十分注意してください。

 

ボディカルを顔に使って痛みを感じたら?

 

何度も言っていますがボディカルは顔に使うべきものではありませんので、顔に使うのであれば細心の注意が必要です。

 

使ってみて「痛い!」と感じたらすぐに使うのをやめるべきですし、ましてやボディカルの電源を入れてつかうと刺激が強すぎて顔に傷が残ってしまう危険性もあるので、絶対に電源は入れないように。

 

それに、もしボディカルを顔に使って傷がついたり顔に異常を感じてもメーカーはおそらく一切対応してくれないでしょう。

 

なぜならメーカーからは「顔には絶対に使わないように!」と説明がされているから。

 

その説明を無視してボディカルを顔に使ったわけですから、トラブルが起こってもそれは顔に使った人の“自己責任”ということになります。

 

ボディカルを顔に使って少しでも不快に感じたり「あれ?」と思ったらすぐに使うのをやめるようにしましょう。

ボディカルを使わなくても小顔になれる

エラの部分やフェイスラインにそってコロコロするだけで、小顔効果が期待できるボディカルですが、別にボディカルを使わなくても小顔は作れます。

 

例えばYouTubeで「小顔マッサージ」と検索すると次のような動画たくさん出てきますので、その中から自分でできるものを探して実践するだけでも効果はあります。

 

 

もちろん小顔ローラーのような道具を買ったり小顔マッサージ用のスキンケア用品を買うのもいいでしょう。

 

ボディカルを顔に使うのは

 

「ついでに顔も小さくしたい」
「できればお金をかけずに小顔になりたい」
「顔がむくんでいるからコロコロして気持ちよくなりたい」

 

などという人にはお勧めですが、本気で小顔を目指しているのであれば正しい方法で取り組んだほうが良いでしょう。

 

残念ながら顔に使う場合、電源を入れない(というか入れてはいけない)状態で使用するため、脚やウエストに比べて効果の実感度合いが低いと思われます。

 

ボディカルを顔に使う際はあくまでも“気持ち程度”で使う認識を持つように。

細心の注意を払えば顔にもボディカルは使える

そもそもボディカルは顔に特化したEMSマシンではなく、あくまでも脚やお腹(ウエスト)や二の腕に使うために作られたものです。

 

そのため、二の腕やお腹周りに使うよりも効果の実感度合いは高くありませんが、気休め程度の小顔効果はありますので、顔の大きさにコンプレックスを持っているのであれば使ってみてもいいかもしれません。

 

ただし、ボディカルは本来顔に使うものではありません。

 

本気で小顔を目指すのであれば残念ながらボディカルでは役不足なので、正しい小顔矯正アイテムを使うことをお勧めします。

 

その代わり、顔以外の部分痩せならボディカルに期待してもいいでしょう。

 

性能、口コミ、値段など総合的に見てもボディカルは優秀だと思いますので

 

足を細くしたい
くびれを作りたい
二の腕のプニプニをなくしたい

 

という人はぜひボディカルを使ってみてください。

 

 

 

 

 

ボディカルの効果や口コミを詳しくチェックしてみる