ボディカルを使って「痛い」と感じる原因

ボディカルは体についている脂肪をほぐし燃焼させることでスリムにしてくれる機械(EMS)なのですが、口コミの中にはこんなものがあります。

 

『痛いからもう使わない』
『痛すぎて使いたくない』

 

ボディカルはローラーで脂肪をほぐすダイエット器具ですが、半ば強制的に脂肪を動かすため人によっては「痛い!」と感じる場合があります。

 

ではどうしてボディカルを使って痛いと感じるのでしょうか?

 

実はボディカルで痛みを感じる原因はいくつかあります。

 

そこでここでは、ボディカルを使って「痛い!」と感じる原因について紹介しますので、これから利用する人は予備知識として知っておくといいでしょう。


ボディカルで痛いと感じる原因はさまざま

冒頭でも言いましたがボディカルはローラーで脂肪を燃焼させるEMSのため、脂肪が硬くなっていると「痛い!」と感じるケースがあります。

 

特に普段からあまり運動したり体を動かしていないと脂肪が凝り固まっているため、痛みを感じやすくなりますので最初はボディカルの出力を抑えて使うといいでしょう。

 

ですが、ボディカルを使って感じる痛みは単純に「脂肪が硬くなっているから」だけではありません。

 

実は痛みの種類によって原因が異なります。

 

もちろん場合によってはボディカルによって筋を痛めてしまった・・・なんて可能性もゼロではありませんが、少なくとも次のような痛みを感じた場合の原因は明らかになっています。

 

しびれるような痛みを感じた場合

 

ボディカルを使ってしびれるような痛みを感じたことはありませんか?

 

ボディカルを当てた場所がビリビリしびれるような痛みを感じた場合「もしかしてどこか痛めたかも!?」と不安になるかと思いますがしびれるような痛さの場合はどこも痛めていない可能性が非常に高いのでひとまず安心してもらえばと思います。

 

ではしびれるような痛さを感じる原因は何なのか?

 

実はボディカルを使ってしびれる痛さを感じる原因は、単純にボディカルの使い方が間違っている可能性が高いです。

 

ボディカルの使い方は「ボディカルの使い方〜これさえ押さえればあなたもモデル脚!〜」でも紹介しているように非常に簡単です。

 

しかし、ボディカルの効果を実感するにはいくつかポイントがあり、そのポイントを怠ると「痛い!」と感じたりしますので、特に使い始めは説明書などをきちんと読んでその通り使うといいでしょう。

 

特に間違った使い方としては

 

・ローションオイルを塗らない
・ローションオイルの量が少ない
・しっかりボディカルが体にフィットしていない

 

などが挙げられます。

 

正しい使い方をしても使い始めは多少痛みを感じるもののしびれるような痛さではないので「なんかしびれるな?」と思ったら使い方を見直して正しい使い方をするよう心がけてください。

 

筋肉が収縮するような痛みを感じる場合

 

ボディカルを使って「痛い!」と感じるケースがありますがその痛みの種類にもいろいろあります。

 

中でも筋肉をつままれた感じの痛みの場合はボディカルがしっかり効いている証拠なのでそのまま使い続けてもらって大丈夫です。

 

先述したようにボディカルは脂肪を無理やり動かして燃焼させるわけですが、その時脂肪が硬くなっているとどうしても痛みを伴います。

 

ですから多少痛みに我慢しながら使うと、徐々に痛みが緩和されてボディカルを使った部分が少しずつ細くなっていくでしょう。

 

もしどうしても痛みに耐えられない場合は出力を下げて使うと痛みが少し弱くなりますので出力を2もしくは1にして使うように。

 

またボディカルを直接肌につけて使うと痛みを感じやすいので必ずローションオイルを塗ってから使うようにしましょう。

 

ローションオイルはボディカル専用のローションオイルがベストですが、普段ローションマッサージなどをしている人はそれを代用して使っても効果にそこまでの違いはありません。(ローションオイルをつかう重要性についてはこちら

 

ローションオイルを塗っておけば痛みが緩和されるうえに低温やけどなどの肌トラブルも予防できますので、必ず使うようにしましょう。

 

どうやってもボディカルで「痛い!」と感じる場合は?

上記で紹介した様に、痛い!と感じる種類によってそれぞれ原因が異なります。

 

ですがその痛みは決してネガティブなものばかりではなくボディカルがしっかり働いているからこそ「痛い!」と感じるものでもありますので、痛いからと言って使うのをやめるのではなく継続して使うといいでしょう。

 

ただ、筋肉をつままれたような痛みでもしびれるような痛みでもない場合は、もしかするとボディカルによって筋や筋肉を傷めてしまった可能性も否定できません。

 

特に正しい使い方をして出力を最小にしているにも関わらず痛みを感じる場合は、何らかの拍子に体のどこかを傷つけてしまったかもしれないので、一度医者に診てもらったほうがいいでしょう。

 

また、ボディカルを使った個所が後日少しずつ痛くなる・・・なんてこともあります。

 

実はその痛みはボディカルによって脂肪を動かしたことで起こる「筋肉痛」かもしれません。

 

筋肉痛とは普段動かしていない筋肉を急激に動かしたことによって発生する痛みですが、ボディカルを使っても人によっては筋肉痛になったりします。

 

特に普段運動もせず日常でもあまり体を動かしていない人ほどボディカルで筋肉痛になる可能性が高くなりますので、一応覚えておくといいでしょう。

 

ただ、筋肉痛になる=筋肉を急激に動かしたわけですから、ボディカルがしっかりはたらいていた証拠でもあります。

 

「筋肉痛が嫌だから」という理由で使うのをやめるのは非常にもったいないので、我慢して使い続けるとそのうち気になる部分の脂肪がどんどんなくなっていきますので毎日積極的に使うことをおすすめします。

ボディカルの「痛み」にもいろいろな意味がある

いかがでしたか?

 

使い始めは使い方が慣れなかったり脂肪が硬くなっていたりでいろいろな痛みを感じると思いますが、正しい使い方を覚えたり使い続けていくうちにその痛みも少しずつ緩和されていきます。

 

ですから「痛いから使うのやめた」というのは部分痩せする機会を逃していることになるので、多少ガマンしてでも使い続けてみてください。

 

もちろん我慢できないほどの痛みを感じたのであれば使うのをやめて病院に行くべきではありますが「ボディカルを使って筋を痛めた・・・」なんて口コミはほとんど見なかったのでボディカルが身体にダメージを負うほど強いものではないと思います。

 

脂肪を燃焼させるにはとにかく体を動かすことが大事。

 

本来は運動やトレーニングを積極的に行って脂肪を燃焼させるべきですが、時間的に難しい人や運動が嫌いな人もたくさんいるでしょう。

 

そんな人はぜひボディカルを使ってみてください。

 

自宅でリラックスしながら体内にある筋肉や脂肪を動かして燃焼してくれるので、運動よりも数倍ラクな方法で体を動かすのと同じ効果が期待できます。

 

ボディカルの詳細については下記ページで紹介していますので

 

「運動は嫌い・・・でも脂肪は取りたい」

 

という人はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

ボディカルについてはこちらをクリック